Sportsclub GrandSport グラン・スポール24+あすと長町 入会手続きWEB予約

入力画面

2名様以上で入会手続きにお越しになる場合は、代表者お一人様の情報のみ入力してください。

お客様情報の入力

名様
- 住所検索
確認の為もう一度ご入力ください

※ドメイン指定受信をされている方は「1po.jp」からのメールを受け取れるように設定をお願いします。

--

会員種別

会員種別一覧

※ご入会希望の会員種別は入会時に変更できますので、その際は、お申し付けください。

【入会受付時間:平日/10時~22時
 土曜/11時~20時
 日祝/11時~19時】
※入会手続きの所要時間は約30分ですが、場合によってはもう少し長くなることもありますので、時間に余裕を持ってお越しください。
※確認画面で「送信」ボタンをクリックして入会手続き日時の予約が確定となります。

以下の「入会資格」「会員規約」をご覧になり、全ての項目を満たすことをご確認ください。

入会資格

1.本会則及び会社が別に定める諸規則を遵守し、クラブの品位、秩序を保ち、会社の運営に協力しようとする方。
2.満18歳以上の方。ただし学生会員(高校生・中学生)は除く。
3.刺青(タトゥー含む)をしていない方。ただし別途当社が定める基準に従い、当社が認める場合を除きます。
4.暴力団その他反社会的な組織に所属していない方。
5.医師等により運動を禁じられておらず、本クラブの利用に支障が無いと自己責任において申告された方。
6.妊娠中でない方。
7.伝染病、その他、他人に伝染または感染する恐れのある疾病を有しない方。
8.過去に会社から除名等の通告を受けたことのない方、または会員制スポーツクラブ等で禁止行為を行ったことにより除名処分となったことのない方。
9.会社が適当と認めた方。

会員規約

第1条(定義)
本規約によって定める条項は「スポーツクラブ グラン・スポール」(以下、本クラブという。)の入会者に適用されるものとします。

第2条(目的)
本クラブは、会員の健康維持と健康増進、及び会員相互の親睦に貢献することを目的とします。

第3条(管理運営)
本クラブの運営・管理は、「株式会社グラン・スポール(所在地、宮城県仙台市青葉区上杉1丁目14-15)」(以下、会社という。)が行います。

第4条(会員契約)
本クラブに入会しようとする者が、所定の申込書により入会申込を行い、会社の承認を得た上、所定の費用を支払うことで、会員契約が成立します。

第5条(会員制度)
(1)本クラブは会員制とします。
(2)本クラブの会員の種類、利用条件、および特典等は別に定めます。ただし、経済情勢、一般社会物価、その他の変動により、変更、または廃止することがあります。
(3)本クラブの会員資格は、本人限りとし、譲渡もしくは相続、その他包括承継できません。
(4)会社は、会員が快適に利用できるように、入会しようとする個人または法人が第6条に定める入会資格について適合するかどうかを厳正に審査しなければなりません。

第6条(入会資格)
本クラブの入会資格は以下の通りとします。
(1)本規約および本クラブの諸規則を遵守する方(未成年の場合は親権者の同意が必要)
(2)刺青をしていない方(暴力団関係者でない方)
(3)妊娠中でない方
(4)医師等により運動を禁じられていない方
(5)伝染病、その他、他人に伝染または感染する恐れのある疾病を有しない方
(6)会社が本クラブの利用者としてふさわしいと認めた方
(7)過去に会社より除名の通告を受けていない方
(8)本クラブの利用に独立して堪えうる能力を備え、かつ健康状態に問題の無いことを自己責任において会社に所定の同意書で申告される方

第7条(入会手続)
(1)本クラブに入会しようとする個人または法人は、本規約等諸契約に同意し、遵守することを承諾した上で、入会申込みをするものとします。
(2)本クラブに入会しようとする者は、入会資格を満たし会社の承認を得た上で、会社所定の申込書により入会手続を行い、所定の入会諸費用を会社に支払うものとします。
(3)本クラブに入会しようとする者は、前項の入会手続の際、運転免許証、健康保険証、住民票、個人番号カード、在留カード(特別永住者証明書)などの利用開始現在と同一の氏名、住所、生年月日を確認できる資料を会社に提出しなければなりません。
(4)未成年が入会しようとする場合は、所定の書類にて親権者の同意を得た署名を提出しなければなりません。親権者は自らの会員資格の有無にかかわらず本規約に基づく責任を本人と連帯して負うものとします。
(5)入会手続完了後、納入済みの入会諸費用は返還しないものとします。

第8条(会員証・ウエルネスキー)
(1)本クラブは会員に、会員証及びウエルネスキーを発行します。
(2)会員証及びウエルネスキーは、本人のみが使用し、他人に貸与、譲渡することはできません。万一、他人に貸与した場合は第17条により除名とします。
(3)会員は、本クラブ利用に際し、スタッフ常駐時間は会員証を、セルフ営業時間はウエルネスキーを提示するものとします。
(4)スタッフ常駐時間に、会員が、会員証を持参しなかった場合、会員本人であることが確認できる公的身分証明証および所定の用紙を提出することで、本クラブはその日の利用を認めます。
(5)セルフ営業時間に、会員が、ウエルネスキーを持参しなかった場合、施設はご利用いただけません。また、セルフ営業時間においては、会員は、施設利用中ウエルネスキーを常に携帯するものとします。
(6)会員は、会員証及びウエルネスキーを自己責任において保管しなければなりません。会員証及びウエルネスキーを紛失した場合は速やかに本クラブで再発行の手続きを行い、別に定める再発行料を支払うものとします。

第9条(諸規定の遵守)
(1)会員は、本規約、および本クラブの定める諸規則を遵守しなければなりません。
(2)会員は本クラブの施設利用に際し、施設内の秩序を乱す行為をしてはならず、施設従業員の指示に従わなければなりません。

第10条(入場の禁止及び退場)
会社は、会員が次の項目に該当すると認めたときは、その会員の入館を禁止または退館を命じることができるものとします。
(1)本規約および本クラブの諸規則を遵守しない方
(2)刺青をしている方(暴力団関係者の方)
(3)妊娠中の方
(4)医師により運動を禁じられている方
(5)他人に伝染または感染する恐れのある疾病を有する方
(6)酒気を帯びている方
(7)会社が本クラブ利用を不適当と認めた方

第11条(会費及び利用料の支払い)
(1)会員は、クラブが別に定める諸会費を所定の方法にて支払わなければなりません。
(2)会員は、利用の可否および有無にかかわらず会員契約が成立している期間の諸会費をクラブに支払わなければなりません。
(3)会社は、会員が本クラブを利用するにあたり、別に定める利用料の支払いを求めることができます。

第12条(休会制度)
(1)会員が都合により、1カ月以上の長期にわたり、本クラブを利用できない場合、本人が休会希望日の前月末日迄に会社所定の書面により、本クラブフロントにおいて手続きを完了し、所定の休会費を支払うことにより休会できるものとします。
(2)休会は、月の初日から末日までの1カ月単位とし、1年間で最大3カ月までとします。なお、口座から引き落とし予定の翌月分月会費は復帰後の月会費に充当となります。また、休会手続きが休会希望の前月末日を過ぎた場合は、翌々月以降の休会となります。

第13条(会員契約の解除)
(1)会員が自己都合により「会員契約の解除」(以下、退会という。)をする場合は、退会日は月末とし、月の途中での退会はできません。
(2)会員が退会する場合、退会日の前月末日までに会社所定の書面により、本クラブフロントにおいて手続きを完了しなければなりません。尚、会員が死亡した場合でも親族またはこれに準ずる者からの退会届がない限り、退会扱いとはなりません。
(3)電話、又は郵送等による申し出は受け付けないものとします。
(4)会員の責に帰さない事由があることを証明する書類等を会員が会社に提示し、会社がその正当性を認めた場合は、会社が退会日を任意に決めることができるものとします。
(5)会員に諸会費及び利用料の未納金がある場合には、これを完納し退会するものとします。

第14条(諸手続き)
会員が入会申込書に記載した氏名・住所・電話番号に変更があった時は、速やかに変更手続きをしなければなりません。

第15条(各種通知)
(1)本クラブは、会員個々に対し、各種通知を行うことがあります。本クラブより会員あてに通知する場合は、会員から届け出のあった最新の住所および電話番号あてに行い、本クラブは通知の未達等以後の責を負いません。
(2)会費支払いのために会員が指定した金融機関口座の変更および取引を解除した場合は、新たに指定口座の提出をしなければなりません。

第16条(禁止事項)
以下に定める行為を禁止します。
・ウエルネスキーを他人に貸与する行為
・会員の入場と同時に施設利用の利用資格がない同伴者を施設内へ入場させる行為
・許可なく施設内で撮影、録音すること
・他のお客様または当社およびに当社スタッフに対して暴言、誹謗、中傷、嫌がらせをする行為
・本施設内に刃物等の危険物を持ち込む行為
・本施設内で喫煙(電子タバコを含む)をする行為
・他のお客様や当社スタッフに対して殴る、蹴る、身体を強く押す等の暴力行為
・盗撮、痴漢、露出、のぞき、その他法令または公序良俗に反する行為
・本施設の諸施設、器具、備品その他本クラブが管理する備品等の破損や持ち出す行為
・所定の場所以外の排泄行為
・本施設内でパーソナルトレーニング等の営業行為、勧誘活動、署名活動、政治活動をすること
・酒気を帯びた状態での本施設への入館、利用する行為
・他のお客様の施設利用を妨げる行為
・支払うべき利用料、会費、事務手数料等の未払債務を履行せずに本施設を利用すること
・本クラブの運営について、当社による回答があった後も同じ意見、要望等を繰り返し、当社スタッフに対して長時間または多頻度の面談、連絡等を要求し、または書面の交付等を求める行為
・その他、本クラブの秩序を乱す行為、本号各号に準じる行為

第17条(会員資格の一時停止・除名)
会社は、会員が次の項目に該当すると認めたときは、その会員を施設利用一時停止、または除名し、本クラブ利用契約を解除することができるものとします。
(1)会費その他支払いを滞納し、クラブからの期限を定めた催告にも応じない場合
(2)本クラブの名誉、信用を傷つけまたは秩序を乱したり、他の会員に迷惑となる行為があった場合
(3)会員としてふさわしくない言動があったと会社が認めた場合
(4)本クラブ内で、会社が許可しない勧誘・販売行為をした場合
(5)入会に際して会社に虚偽の申告をしたと判明した場合
(6)本規約第16条に定める禁止行為を行った場合
(7)その他、本クラブの施設を利用することが困難であると会社が認めた場合

第18(会員資格の喪失)
会員は次の場合にその資格を喪失します。
(1)法人の解散(法人会員のみ)
(2)退会
(3)除名

第19条(ビジター)
(1)会員以外の施設利用者(以下、ビジターという。)は、会社が利用を認めた場合に限り、所定の手続き及び別途定める利用料を本クラブに支払うことにより、利用できるものとします。
(2)ビジターが本規約10条の各項に該当する場合、会社はビジターの入館を禁止、または退館を命じることができるものとします。
(3)本クラブを除名処分となっている者及び会員資格が一時停止になっている者は、ビジター利用できないものとします。

第20条(責任事項)
(1)会員及びビジターは、クラブ内に貴重品を持ち込む際は、所定のロッカーを使用して保管し、ロッカーの鍵を自己管理するものとします。ロッカーの鍵の紛失やロッカー以外の場所で発生した盗難及び紛失について、本クラブ及び会社は一切の責任は負いません。
(2)会員及びビジターは、定められた使用方法に従い、また自己の安全管理のもとに本クラブ諸施設を利用するものとします。不適当な使用および自己の責に帰す会員本人または第三者に生じた事故や物損に対し、本クラブ及び会社は一切の責任は負いません。

第21条(入会金・会費および利用料等の改定)
(1)会社は、別に定める入会金・会費・利用料等の改定を行うことができます。この場合、入会金については、新たに入会する方から適用します。
(2)前項の改定を行う場合、会社は1ヶ月前までに会員に告知するものとします。
(3)改定に同意できない会員は、第12条の規定に関係なく、改定日前日までに会費等の未納金を完納して退会できるものとします。

第22条(営業時間及び休館日)
(1)本クラブの営業時間及び定期休館日については、別に定めます。
(2)年末年始、お盆期間の臨時休館日については別に定め、会社は1ヶ月前までに会員に告知するものとします。

第23条(施設の利用制限)
(1)会社は、競技会、スクール等の諸行事または本クラブの管理もしくはその他会社が必要と認めた場合に、施設の全部または一部の利用を制限することがあります。
(2)会社は、施設の一部利用について予約制とすることができるものとします。
(3)会社は前項の利用制限に際して、会費の割戻しはしないものとします。

第24条(会員以外の施設の利用)
会社は、特に必要と認めた場合、会員以外の者に本クラブの施設を利用させることができます。

第25条(施設の閉館・休業)
会社は、次の理由により施設の全部または一部を閉館もしくは休業することができるものとします。その期間に相当する会費の割戻しについては、社会通念に基づいて会社が決めるものとします。
(1)気象、災害等により会社が営業を不可能と認めたとき
(2)施設の点検、補修または改修をするとき
(3)法令の制定、改廃、行政指導、社会経済情勢の著しい変化、その他止むを得ざる事由が発生したとき
(4)その他、会社が閉館もしくは休業を必要と認めるとき

第26条(会員の損害賠償責任)
会員が本クラブ内において自己の責に帰すべき事由により、会社または第三者に損害を与えた場合は、会員はその賠償の責に任ずるものとします。会員が同伴したビジターについては、同伴した会員が当該ビジターと連帯して損害賠償の責に任ずるものとします。

第27条(解散)
(1)会社は止むを得ざる事情による場合には、3ヶ月前の予告をすることにより、本クラブを解散することができます。
(2)解散の理由が天災、地変、公権力の命令、強制その他の不可抗力による場合には、前項の予告期間を短縮することができます。
(3)本クラブ解散の場合、会社は会員に対し、特別の保障は行いません。

第28条(規約・諸規定変更の通知方法)
本規約および会社の諸規定の変更に関する通知または予告は、本クラブ所定の場所に掲示する方法により行います。特に重要なものは会員個々に通知することもあります。

第29条(本規約その他の諸規則の改正)
会社は、本規約、細則、利用規定、その他本クラブの運営、管理に関する事項を改定することができます。また、その効力は全ての会員に適用されることとします。

第30条(個人情報保護方針)
会社は、個人情報の重要性を認識し、下記の方針を常に念頭に置き、会員及びビジターの個人情報保護に努めます。
(1)個人情報の保護に関する法令及びその他の規範を遵守します。
(2)個人情報を保護するために、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等を防止することに努めます。
(3)個人情報を収集する際は、利用・目的を明確にし、その目的達成に必要な範囲内で適法かつ公正な手段を用います。
(4)正当な理由がない限り第三者に開示、提供いたしません。
(5)個人情報を適正に利用し、情報保護を徹底するために、継続的に改善していきます。

第31条(発効)
本規約は2021年10月3日より発効します。